[PR] ペット可
  • LCARS ってなに?
    “LCARS”の基礎知識。

  • オクダグラムってなに?
    “オクダグラム”の基礎知識。

  • LCARS ミュージアム
    LCARS の進化の歴史。

  • LCARS デザインガイド
    LCARS っぽく見せるためのちょっとした“コツ”教えます。

  • サウンドコレクション
    コンピュータ音声のダウンロード。

  • LCARS アニメーション
    Flash で作った LCARS アニメーションのダウンロード。

  • オクダパネル
    ついにオクダパネルを自作。その製作方法を紹介。

  • LCARS ダイアログ
    LCARS と人間との会話シーンの音声コレクション。

  • LCARS ギャラリー
    身の周りには LCARS がいっぱい!

  • リンク集
    世界の LCARS デザインなサイト達。

  • コンタクト
    質問・要望等はこちらからどうぞ。

HOME 裏の世界のスタートレック用語辞典 さしすせそ
スタートレックの事をある程度知っていないと面白味がわからないという、鏡像世界のスタートレック用語辞典。

用語辞典 - さ

再放送 [さいほうそう]
  • 再放送とはもちろんスタートレックをである。
  • 地上波だけでスタートレックを視聴している者は、野球延長というイベントでタイマー録画を失敗・放送時間を寝過ごす・旅行とか仕事等でどうしても視聴不可、とても素晴らしいストーリーで後でもう一回観直したいと思っても、再放送はまず行われないので諦めるしかない。
  • 衛星波では頻繁に再放送があるので、衛星波で視聴している者よりも地上波だけで視聴している者の方がスタートレックを毎週観る時の気合の入れ方が違う。
  • 本国アメリカでは本放送が終わって、次のシーズンに入るまでの約3ヶ月間は、それまでのシーズンの再放送が行われる。 これはTV局自体が夏休みに入るためという、働きバチ日本人から見れば信じられないような事の為。1年のうち、この夏休みの間は再放送番組しかない。
関連しているかもしれない用語: /シーズン /野球延長

用語辞典 - し

ジーン・ロッデンベリー [じーんろっでんべりー] (Gene Roddenberry)
  • スタートレックの製作総指揮・クリエイター。スタートレックの世界を考えた偉大な人。
  • トレッキーで氏の名前を知らないとモグリである。ディープなトレッキーは尊師と崇めている。
  • 彼は1991年9月24日に惜しくも亡くなったが、彼がいなくなった事で1つのスタートレックが終わったと一部では言われている。
  • メイジェル・バレットと日本で神前結婚を挙げたのは有名。
関連しているかもしれない用語: メイジェル・バレット
シーズン [しーずん]
  • スタートレックはもちろん、欧米でのTVドラマでの放送の単位。8〜11月に始まり翌年5〜6月までの間で22〜26話放映する。
  • TOSは全3シーズン78話、TASは全2シーズン22話、TNGは全7シーズン176話、DS9は全7シーズン176話、VOYは全7シーズン放映された。 ※コラム 日本でのこの単位はクールと呼び、アニメやドラマは毎週放送して3か月13話で1クール、1年52話で4クールになる。但し、ここに特番や速報などが割り込んで来るため、実際は12回構成で編成される事が多い。 トレンディードラマは1クール、刑事物ドラマは2〜4クール、アニメは2クールが多い。
関連しているかもしれない用語: TOS /TAS /TNG /DS9 /VOY
 
ジェイク・シスコ [じぇいく - しすこ] (Jake Sisko)
  • ベンジャミン・シスコの一人息子。DS9で父と共に暮らしている。
  • フェレンギ人のノーグと仲が良くてよく遊んでいた。当初はノーグと同じ位の身長だったが、ドンドン成長して今では父シスコと同じくらいになってしまった。
  • 演じているのは、シロック・ロフトン(Cirroc Loftn)
  • 日本語吹き替え声優
    • 浪川大輔 [なみかわ - だいすけ]
    • 本名:浪川大輔. グループこまどり所属. 東京都出身.
    • 誕生日19??年4月2日(牡羊座). B型.
    • 趣 味・特 技は二度寝.
    • 主な作品及び役柄 ● 「アークザラッド」 = エルク ● 「赤ずきんチャチャ」= クロネコ ● 「金田一少年の事件簿」 = 加藤賢太郎 ● 「名探偵コナン」 = 緒方志郎 ※第3シーズンよりTNGのウェスリー・クラッシャーの声であった石田彰になる。
ジェイムズ・T・カーク [じぇいむず・たいべりあす・かーく] (James Tiberius Kirk)
  • 惑星連邦宇宙艦U.S.S.エンタープライズ,A艦長。
  • 艦長自らが率先して地上に降りるという、今から考えれば非常識極まる艦長。
  • 演じているのは、ウィリアム・シャトナー(William Shatner)カナダ・モントリオール生まれ.
  • 日本語吹き替え声優
    • 矢島正明 [やじま - まさあき]
    • 本名:矢島正明. 矢島プロダクション所属. 東京都出身.
    • 誕生日19??年4月17日(牡羊座). O型.
    • 主な作品及び役柄 ● 「とっても! ラッキーマン」 = オープニングナレーション ■ 「荒野の七人」 = リー[ロバート・ボーン ■ 「私生活」 = マルチェロ・マストロヤンニ ■ 「死んでもいい」 = ラフ・ヴァローネ ■ 「ニューヨークの休日」 = ロッド・テーラー ▽http://www.shatner.com/ (ウィリアム・シャトナーの公式サイト)
ジェフリー・チューブ [じぇふりーちゅーぶ]
  • 宇宙艦内の作業用連絡通路。
  • 艦内を迷路のように走っており、ヒザを使って這うようにして通らないといけなく狭い。ジェフリー・チューブ内では音響効果が素晴らしく、ここで笛の練習でもするとバッチリである。
  • 宇宙艦隊士官は自分の乗っている艦のジェフリー・チューブの迷路のような経路を覚えるのは必須のようだ。
  • このジェフリーというのは、TOS美術監督・プロダクションデザイナーのウォルター・マット・フェフリーズからとっている。
自動ドア [じどうどあ]
  • 宇宙艦内にある全てのドア。
  • 人の歩くスピードに合わせて開閉してくれるという、ドア1つとっても現在の自動ドアとは比べられないほどハイテクを使ってある。
  • 現在の自動ドアは、走って通り抜けようとしてもセンサーが追いつかずそのままぶつかり自爆するだけだ。
 
ジャッジア・ダックス [じゃっじあ - だっくす] (Jadzia Dax)
  • 宇宙ステーションDS9の科学士官。惑星連邦宇宙艦隊大尉。
  • 手を後ろに組むのがクセ。
  • 演じているのは、テリー・ファレル(Terry Farrell)1963年11月19日生まれ.アイオア州出身.
  • 日本語吹き替え声優
    • 佐藤しのぶ [さとう - しのぶ]
    • 本名:佐藤しのぶ. 劇団 昴 所属. 秋田県出身.
    • 誕生日19??年6月22日(蟹座).
    • 主な作品及び役柄 ● 「サクラ大戦」 = (役名表示なし) ● 「魔法のプリンセス ミンキーモモ[第2作]」 = 美女 ● 「名探偵コナン」 = 清水、歩美の母 ● 「幽/遊/白書」 = 棗 ■ 「シークエスト2」 = ウェンディ・スミス ■ 「フェノミナン」 = エラ ■ 「エディー」 = クローディン ▽http://www.bekkoame.ne.jp/~darts/indexj.html (劇団 昴のサイト)
 
 
遮蔽装置 [しゃへい - そうち]
  • 物体を肉眼で、あるいはセンサーに映らなくする装置。
  • DS9に配備されたディファイアントは、ロミュランの技術供与を受けて装備されている。
  • センサー技術が発達している世界において、肉眼で視認する必要があるのかという根本的問題は置いといて、太陽光線の届かない星系外ではただ単に、艦外照明を全て消せば肉眼では見えなくなるような気がする。
関連しているかもしれない用語: ディファイアント(2)
ジャン=リュック・ピカード [じゃんりゅっく・ぴかーど] (Jean-Luc Picard)
  • U.S.S.エンタープライズD,E艦長。
  • 演じているのは、パトリック・スチュワート(Patrick Stewart)
  • 日本語吹き替え声優 第1話から第50話までは、吉水慶(よしみず・けい)氏が声を当てる。 吉水氏はTNGが始まったばかりの頃、光子魚雷の事を「“みつこ・ぎょらい”ってなんだろう?」と言って、他の声優を笑わせてくれたという逸話がある。
    • 麦人 [むぎひと]
    • 別名:天地麦人/寺田誠
    • 本名:寺田誠(てらだ - まこと). 独歩所属. 東京都出身.
    • 誕生日19??年8月8日(獅子座). A型.
    • 主な作品及び役柄 ● 「うる星やつら」 = 面堂終太郎の父 ● 「新世紀エヴァンゲリオン」 = キール・ローレンツ ● 「無責任艦長タイラー」 = ミフネ中将 ■ 「身代金」 = 《テロイ・リント》(ロニー・ホーキンス) ■ 「新アンタッチャブル」 = カポネ ■ 「ドクタークイン 大西部の女医物語」 = ロバート・E ▽http://www.beagle.co.jp/mugihito/ (麦人オフィシャルサイト) ▽http://www.tu-berlin.de/~stewart-page/ (パトリック・スチュワートの公式サイト)
宗教 [しゅうきょう]
  • 24世紀の地球人(宇宙艦隊士官)ではあまり流行っていない物。
  • これは番組製作者が世界各国で見られるスタートレックを宗教色を前面に押し出した物にはしたくないという配慮からだと思われる。 しかし、これは地球人に限った事で他の種族では宗教を基盤として成り立っている星が多々見受けられる。ベイジョー人がその最たるものである。
 
 
出張 [しゅっちょう]
  • 始まったばかり(第1シーズン)のDS9はステーション内での事件ばかりのストーリーで、全然外(船で宇宙を飛び回らない)に行かなかったので、いままでTNGを見てきた者にとっては少々退屈なものであった。 しかし、第2シーズン頃から小型宇宙船ランナバウトで外に頻繁に出かけ、第3シーズンではデファイアントが配備されてステーション外でのストーリー展開が多々みられるようになった。これをトレッキーのあいだでは出張と呼ぶ。 トレッキーは実生活の中でもスタートレックを観られない土地に行く場合は「ガンマ宇宙域に出張」等と表現する。
関連しているかもしれない用語: DS9
 
衝撃波 [しょうげきは]
  • TOS時代からあり敵艦が爆発した時に衝撃波で船体が揺れるが、衝撃波となるべき空気が真空である宇宙空間には無いので、実際はああいうことはあり得ない。ただ、爆発しても衝撃波が来ないと全然面白くないのであるように見せている。
 
ジョディー・ラ=フォージ [じょでぃー・らふぉーじ] (Geordi La Forge)
  • U.S.S.エンタープライズD,E主任機関士。
  • TNGを途中から見始めた、もしくは全く知らない一般人が彼の事を見たら、最初に「なんで、この人変なメガネを掛けてるんだろう?」と必ず思われる。
  • 演じているのは、レヴァー・バートン(Levar Burton)
  • 日本語吹き替え声優
    • 星野充昭 [ほしの - みつあき]
    • 本名:星野充昭. マウス・プロモーション所属.
    • 誕生日19??年2月19日(魚座).
    • 星野氏は元々、TNGとVOYのメインテーマ、「ファーストコンタクト」と「叛乱」の音楽を作曲したジェリー・ゴルドスミス氏の大ファンであった。
    • 主な作品及び役柄 ● 「スレイヤーズTRY」 = 船長 ● 「星界の紋章」 = 砲術士 ■ 「ビバリーヒルズ高校白書」 = マイヤーズ先生 ■ 「ビバリーヒルズ青春白書」 = ナット 他 ※その他、洋画吹き替えで、名前も無いような脇役キャラクターを多数。ノンクレジット・キャラといったらこの人。 洋画の吹き替えでは、彼の声をどこかで必ず聞く事になる。
 
ジュリアン・ベシアー [じゅりあん - べしあー](Julian Bashir)
  • 宇宙ステーションDS9の医療主任。惑星連邦宇宙艦隊中尉。
  • ガラックとは週に1度ランチをご一緒する仲。
  • 演じているのは、アレキサンダー・シディグ(Alexander Siddig)1965年11月21日生まれ.アフリカ・スーダン出身.
  • 日本語吹き替え声優
    • 藤原啓治 [ふじわら - けいじ]
    • 本名:藤原啓治. 賢プロダクション所属. 和歌山県出身.
    • 誕生日19??年10月5日(天秤座). A型.
    • 主な作品及び役柄 ● 「頭文字<イニシャル>D」 = 庄司慎吾 ● 「クレヨンしんちゃん」 = 野原ひろし ● 「鉄腕バーディ」 = 助久保 ● 「新機動戦士ガンダムW」 = ノベンタ元帥 ● 「ビーストウォーズ」 = ダイノボット ● 「YAT安心!宇宙旅行」 = ガブリエル、ウィンキー ● 「らんま1/2 熱闘編」 =大徳寺 ▽http://www.sidcity.com/ (アレキサンダー・シディグの公式サイト)

用語辞典 - す

スターウォーズ [すたーうぉーず] (STAR WARS)
  • ジョージ・ルーカス監督の宇宙を舞台としたSF映画シリーズ。
  • トレッキーはこの映画にはドラマが無いと言ってスタートレックと比べるが決して嫌っているわけでは無く、広い心でスターウォーズを楽しんでいる。 その一方、スターウォーズファンはスタートレックの事を少々バカにした所があって、スタートレックを観もしないうちに拒否する者もいる。しかし、そんな彼等もSF好きという事だけあって、1度スタートレックを観始めるとこちらの世界にドップリ浸かる事は間違いない。
  • 物凄いデカイ宇宙艦が大艦隊で登場するが、いったいスターウォーズの世界での経済活動はどうなっているのか、非常に疑問ではある。
  • 日本ではスターウォーズの新作が封切られるとマスメディアでの扱いが派手で、大してこの映画のファンじゃない芸能人まで顔見せの為に試写会に訪れて話題をさらって行く。 スタートレックは新作が公開されてもマスメディアでの取り扱いはほとんど無く、また取り上げられたとしても観に来ているトレッキーを特殊な人達といった目で見られて、芸能人を招いての試写会など望むべくも無い。 そんな状況に日本のトレッキーは憤慨している。 ※コラム 映画の試写会に来る芸能人は基本的にはノーギャラである。 それでは何故ノーギャラなのに試写会なんか来るのかと言うと、芸能人はTV画面に出てナンボの世界なので、常にメディアに露出して芸能界から忘れ去られ無いようにするためである。その為に、逆に映画会社へ売り込む場合もある。 そういう事なので、大したファンでも無い映画なのに、この時ばかりはにわかファンとなり、さも今まで大ファンでしたという面で試写会後のインタビューに答える。しかし、インタビューアは映画の話しなんか実はどうでも良くて、その芸能人の恋愛や恋人の事や最近話題の事に対するコメントを聞き出すためだけに待ち構えているという、どっちもどっちな極悪非道な連中である。 どちらにしても、映画会社にとってはタダで映画を宣伝してくれるので、これほどおいしい事は無い。
関連しているかもしれない用語: 一般人 /スタートレック /スタートレックファン /トレッキー
スタートレック [すたーとれっく] (STAR TREK)
  • ジーン・ロッデン・ベリーが創作したアメリカで作られる偉大なSFTVドラマ。人間の想像の世界がここまで1つのメディア(TV)にて世界観を確立した例は他には見当たらないという、見ようによってはディープな世界。
  • 最初のシリーズはTOSと呼ばれ、23世紀を舞台として、エンタープライズがジェームズ・T・カーク艦長指揮の元、5年間の調査航海に赴くという話し。実はその前にロバート・エイプリル艦長とクリストファー・パイク艦長という前任がいるが、忘れられている。 その後、映画が6作作られて一応このシリーズを終える。ちなみに、この最初のシリーズから見ている者はTOS以降派と呼ぶ。
  • 1987年にTOSの映画版を成功させて気を良くしたパラマウントは新しいシリーズとしてTNG(スタートレック The Next Generation)を製作。 時代設定は24世紀で、連邦宇宙艦エンタープライズもD型になり、7年間の調査航海に赴く。 TNGも放送開始直後は苦戦するが、その後人気はうなぎ上りになり、映画も3作作られた。(あと1作でTNGクルーでの映画は終了) この作品から見始めた者はTNG以降派と呼び、彼等がTOSを見るとちゃっちい小道具や映像の古さをバカにする傾向がある。
  • 1993年、TNG放送途中で始まったのがDS9(スタートレック ディープ・スペース・ナイン)。 第1シーズン〜第2シーズンはでは宇宙ステーション内のストーリー展開で、それまでのTNGと違い全然刺激的では無く、宗教・政治色が強いので視聴率はTNGに奪われた。 さすがにそれじゃまずいと製作側も考えたのか、第3シーズンより大きく製作方針を転換。ドミニオンという新たな敵を作り、今度は戦争色の強い物になってしまった。 しかし、それによって人気は徐々に高まり、1999年にアメリカ全土で感動をもってフィナーレを迎えた。
  • 1995年1月16日より放送が開始されたVOY(スタートレック ヴォイジャー)はSTの原点に戻り宇宙を探索するというコンセプトで企画された。 それまでのシリーズとは違い、宇宙艦ヴォイジャーの中には“マキ”という一種の反乱分子のクルーがいる為に、最初の頃はクルー同士の対立がかなりあり、今までTNG以降でのクルー同士対立のない世界を見て来た者にとってはこの状況をとても悲しんだ。しかし、これだといつまで経ってもストーリーが先へ進まないため、早々にマキと艦隊士官とは和解し、対立するというテーマは描かれなくなった。 それでも、第1・第2シーズンの面白さの無さは筋金入りで、ケイゾンという異星人を長く引っ張り過ぎたせい、かどうかは分らないが、本国アメリカでも視聴率は伸び悩んでいた。そこで、DS9と同じように第3シーズンから製作方針の転換を計る事にし、ボーグを登場させたり、新たな脅威の敵が登場したりでバラエティー豊かになり、徐々に面白さが増してくる。
  • TNG以降のスタートレック新シリーズの第1,2シーズンまでは、俳優も役に乗り切っていない部分があり、脚本も試行錯誤するために概して面白く無いようだ。 しかし、どのシリーズも第3シーズン以降となるとスタッフも慣れて俳優も役になり切る事が出来るようになってくるためか、作品の質がグンと良くなり面白さが増してくる。このあまり面白く無い時期の第1,2シーズンで観るのを途中で止めるかどうかで、その後一般人に戻るかトレッキーになるかの分かれ道となる。
  • 本国アメリカでは映画の興行収入が何十億円と大ヒットを飛ばすが、日本では第1作目で約11億円、第2作目で約4億円、第3作目以降は1億円未満というなんとも散々なありさまである。
  • 日本のトレッキーは、ワンパターン・同一登場人物がいつも一緒・内容激薄・頭の悪い恋愛ドラマなんかいつまでも作っていないで、スタートレックのような観るに値するドラマを作れと心底思っている。 しかし、日本のTV業界では「SFTVドラマは必ずコケる」と言われているほど、日本ではSFモノは受け入れられない体質のようである。 そのような状況なので、日本のトレッキー達は日本のTV番組には何も期待していないので、海外ドラマ以外は一切観ないという者もいる。
  • 最近のスタートレックは次から次へと新しい強敵を登場させるという、日本のアニメーション「ドラゴンボール」の地を行く状態になってきている。
関連しているかもしれない用語: アメリカ合衆国 /シーズン /ジーン・ロッデンベリー /出張 /TOS /TOS以降 /TNG /TNG以降派 /DS9 /DS9以降派 /マキ /VOY /VOY以降派
スタートレック症候群 [すたーとれっく - しょうこうぐん]
  • スタートレックを観ることにより、一般人とは違った体の反応が起きてしまう事。
  • 他のTV番組や映画の吹き替えで、スタートレックの声優が出てくると、その俳優がスタートレックのキャラクターにしか見えなくなったりするのは初期段階。
  • 第2段階に入ると、スタートレック視聴中に敵に攻撃されたりして画面が揺れると自分も合わせて揺れたりするようになるが、その内にスタートレックとは関係ない番組でも同じような状況で体が揺れるようになったら、第2段階後期に突入している。
  • 第3段階まで来ると、屋内にいる時に地震があり結構大きな揺れだと「被害報告!」とつい言いそうになったり本当に叫んだり、エレベーターに乗った時「ブリッジ!」と言ってみたり、自分の身に大変な事が起こったら「非常警報!」を発令したり等の症状が見られるようになる。
  • 次に、フェイザーに1度軽く撃たれてみたいだとか、フォース・フィールドにちょこっと触れてみたいだとか妄想しだしたら、いよいよ終わりである。
  • さらに症状が悪化して、ボーグ集合体の声が聞こえだしたら、いちど医師への相談をお勧めする。
関連しているかもしれない用語: 一般人 /スタートレックファン /トレッキー /ボーグ集合体
スタートレック7不思議 [すたーとれっく - ななふしぎ]
  • スタートレックを観ていると不思議に思う事。以下のものがある。
    1. 初対面の異星人とでも意思の疎通が可能。 これについては、宇宙艦隊の胸に付けるコム・バッジにユニバーサル・トランスレーター機能が内蔵されており、これによって異星人との意思の疎通を図るという設定があるが、異星人に囚われてこのコミュニケーターを胸からもぎ取られたりした時にも、依然としてそれまで通り支障無くコミュニケート出来るという不思議。
    2. コンソールの爆発 艦が攻撃されて被害を受けた時にコンソールが爆発して、その爆発で人が吹き飛ばされたり死亡したりするのはTOS時代からあまり変わっていないが、よく考えればこれはあまり現実的じゃない。 どうやら23,24世紀のコンピュータ・コンソールは、爆発物が仕掛けられているという危険なシロモノのようだ。
    3. 他の種族のコンピュータ操作 たとえ初めて出会った種族でも、我々地球人から見れば異星人のコンピュータ・パネル上にはただの図形としか思えないモノが表示されているのだが、そのコンピュータ・パネルを難なく操作でき、目的を達する事が出来るという不思議。 操作できる艦隊士官には改めて感心させられる。
    4. 時間の表現 惑星が違えば1時間は60分では無いし1日は24時間でも無いし、ましてや1年は365日ではあり得ない筈なのだが、どういうわけかどんな種族でも“明日朝7時に〜”とかいうように地球の時間体系を使用しているという不思議。
    5. 異星人のローマ数字使用 異星人のコンピュータ・ディスプレイやその他の物(時限式)のカウントダウンの時には、突然地球のローマ数字が表示されて地球人にはと〜っても解りやすいが、その持ち主の異星人はいったいどうしたものかという不思議。
    6. 艦と艦の間が近すぎ 宇宙艦同士(連邦宇宙艦と他の種族の艦船)と向かい合った時や横に並んだ時に、ぶつかりそうなくらい近づき過ぎのように見えて、広い宇宙であんなにまで宇宙艦同士の距離を詰めないでもいいじゃないかなという不思議。
    7. クリンゴン帝国の繁栄 クリンゴン人は何かというと名誉を守るためだとか言って、戦いを挑むといういわば喧嘩っ早い種族だが、よく今までクリンゴン人同士戦い合って滅亡しなかったなという不思議。

    ※コラム その他こんなものもある。

    • 映画「ファーストコンタクト」で人類初のワープ船フェニックス号が発射される時に間近にいた人達。 あの時その場にいた数10人の人達は、ロケットの噴射炎で全員焼け死んでいる筈。

    • 子供の成長のスピード TNGで登場したウォーフとケーラーの息子のアレキサンダーやTNGとDS9で登場したオブライエンとケイコと娘のモリー・オブライエンやVOYで登場したワイルドマン少尉の娘のナオミ等は、エピソードに登場する間が開いている為か次回登場時には驚くほど成長しているという不思議。この場合、DS9のジェイク・シスコは含まない。
    • ディープ・スペース・ナインでドッキング・リングに着艦している時のU.S.S.デファイアントへのクルーの乗り降りの方法。 頭から突っ込んでドッキング・リングにはまっているが、ディフレクターから乗り降りしているのだろうか。
    • 地球人とあまり変わらない容姿。 一応、TNGで銀河系中に自分達のDNAをばら撒いた、種まき種族というのが出て来たエピソードがあったが、よ〜く考えればこじつけの何物でも無い。
    • U.S.S.ヴォイジャーのシャトルクラフトの数。 爆発したり惑星に墜落したりして、結構な数を失っているはずだが無限にシャトルが出てくる。
    • 映画「ジェネレーションズ」で、ピカードの兄ロベルトと甥のレネが火事で死んだ。 転送装置があるくらいの24世紀世界において、火事で焼け死ぬというのはちょっとギャップが大き過ぎるような気がする。
    • TOSの頃のクリンゴン人とTNG以降のクリンゴン人の見た目のあまりのギャップ。 TOS時代のクリンゴン人は額が凸凹では無く、見た目化粧の濃いただの地球人である。ウォーフもさすがにこの言い訳が出来なかった。あと、ロミュラン人もそうだ。
    • フェイザー・ガンから出たフェイザー・ビームのスピードの遅さ。 本来なら光速で発射されるはずなのに、どう見ても光速では発射されていないように見えるし、結構このビームをよけてさえいる。まったく、その反射神経には驚きである。

     

スタートレックファン [すたーとれっく - ふぁん]
  • スタートレックを観始めたばかりでハマッてしまった、あるいはスタートレックがスキになってしまった者達。
  • まだ一般人の余地があるが、この世界から抜け出すのは難しい。が、不可能では無い。
  • スタートレックの世界にこれ以上ハマッていくと、晴れてトレッキーの仲間入りとなる。
  • この世界を順にまとめると、「一般人」 → 「スタートレックファン」 → 「トレッキー(トレッカー)」 → 「トレッキスト」となる。
関連しているかもしれない用語: トレッカー /トレッキー /トレッキスト
スポック [すぽっく] (Mr.Spock)
  • 惑星連邦宇宙艦U.S.S.エンタープライズ副長。
  • TNG以降ではレギュラー・キャラクターに異星人が沢山いるが、TOSではレギュラーキャラクターで異星人のクルーはスポックだけ(ホントは地球人とのハーフだが)。 地球の色々な地域出身のクルーはいるが、異星出身のキャラクターがあまりいないのは、当時の若干地球中心主義の時代背景を写しているようで面白い。
  • 演じているのは、レナード・ニモイ(Leonard Nimoy)アメリカ・マサチューセッツ州ボストン生まれ.
  • 日本語吹き替え声優
    • 久松保夫 [ひさまつ - やすお]
    • 本名:久松保夫.
    • 誕生日19??年6月6日(双子座).
    • 主な作品及び役柄 ● 「銀河鉄道999」 = アンタレス ▽http://www.nimoy.com/ (レナード・ニモイの公式サイト)

用語辞典 - そ

生命維持装置 [せいめいいじそうち]
  • 敵のエネルギー兵器で撃たれたらシールドを張っていても1発目で壊れてしまう貧弱な装置。しかし、すぐにバックアップに切り替えるので問題は無い。
ゼフレム・コクレイン [ぜふれむ・こくれいん]
  • 2063年に「ワープドライブ」を開発した偉大な発明家である。 これにより宇宙を超光速で航行できるようになった為に、未来では英雄視されており、ラ・フォージも1番尊敬している人物である。
  • しかし、本人はただこの「ワープドライブ」で金儲けがしたかっただけであり、崇めたてられるような人間では無いと自分は思っている。
  • これまでの世界を大きく変えるような発明をした人物は、概してこのタイプのような人間が多いらしい。
  • 映画「ファーストコンタクト」で登場したコクレインはただのアル中おやじのように見えるが、実はとんでもない天才である。
関連しているかもしれない用語: ワープ
セブン・オブ・ナイン [せぶん・おぶ・ないん] (Seven Of Nine)
  • 惑星連邦宇宙艦U.S.S.ヴォイジャーの乗組員。元ボーグでセブン・オブ・ナインというのはボーグ内での階級。
  • 『名前の由来は体の「9分の7」が肉体で、残りがメカであることから』 と書かれている書籍があるが、どうやらそれは違うらしい。
  • ユニマトリックス・ゼロ・ワンの第3付属物。
  • ホントの名前はアニカ・ハンセンで生まれたのは宇宙暦 25479、ティンダラ・コロニー。好きな色は赤。惑星連邦のディープスペース4に記録が一つある。 実は最初に同化された地球人。
  • 「座っているより立っていた方が楽だ」とか、怪我をした時は「損傷した」と言ったり、言葉使いが悪くて周りの者をイラつかせたりするという、ボーグだった頃のクセが残っている。
  • 男性トレッキーはマニアック度の高いピチピチのボディースーツに浮き出た体の線にくぎ付けになり、肝心の本編の方がおざなりになってしまうという。
  • 演じているのは、ジェリ・リン・ライアン(Jeri Lynn Ryan)ドイツ生まれ.
  • 日本語吹き替え声優
    • 沢海陽子 [そうみ - ようこ]
    • 声優の詳細は、ナターシャ・ヤーを参照.
関連しているかもしれない用語: ナターシャ・ヤー
 
セリフのある脇役 [せりふのあるわきやく]
  • 番組製作予算を抑えるため普通は脇役キャラクターはたとえ主要キャラクターが命令しても頷くだけで「了解」とは滅多に言わない。(しゃべるとそれに対したギャラを支払わないといけないから) しかし、たまにセリフが多くて今まで名も無い脇役キャラクターが登場するとそのキャラクターは死ぬ確立が非常に高い。
船体外壁破損 [せんたいがいへきはそん]
  • 連邦の宇宙艦は全て、艦体強度を補強するために“構造一体型フィールド”という力場で補強されている。この力場が無いと艦は航行中に非常に大きな力の加わる現象に耐えられない。 敵の攻撃などでこの“構造一体型フィールド”が故障して力場が失われると、艦の外壁が剥がれたり崩壊したりするという悲惨な目にあってしまう。
  • 運転の下手くそな者は、よく自動車が船体外壁破損するという。
 
船長と艦長 [せんちょう- と - かんちょう]
  • 日本語吹き替えでは、TOS時代は宇宙船の船長と言っていたが、TNG以降は宇宙艦の艦長と吹き替えられるようになった。 英語ではどちらもCaptain(キャプテン)なので、本来区別は無いはずだが、日本語版製作時に当時ベトナム戦争真っ盛りで、国内でも反戦運動が盛り上がっていたのを気にして戦争色の強い“艦長”という訳をあえて避けたという。
  • なお、カーク船長も映画「ジェネレーションズ」よりカーク艦長と訳されるようになった。