ページタイトル
マニアな管理人のマニアな独り言 - 過去ログ 2003年 2 月
[最新] - [12 月] [11 月] [10 月] [9 月] [8 月] [7 月] [6 月] [5 月] [4 月] [3 月] [2 月] [1 月]

190: ある女と男の会話 (2003.02.22)

女: 「あたし、今からスタートレック観ないといけないから」
男: 「えっ、なに映画?ドラマ?」
女: 「ドラマよ、海外の、あんた知らないの?」
男: 「そー言えばなんか聞いたことあるな・・・そうそう、耳のとんがった宇宙人が出てくるヤツだろ? たしかカーク船長とかっていうだろ、な・な!?」
女: 「カーク船長も出てくるけど、耳のとんがった宇宙人はスポックって言うの!」
男: 「めんどくせーな、そんなのどっちでもいいだろ! そのスポークってヤツが出るの、おもしれーの?」
女: 「スポックだって! カーク船長が出てるのは宇宙大作戦ってヤツでふつうは TOS って略されてて、そのあとに始まったのが TNG 、その途中で別なのが始まったんだけどそれが DS9 、そのあとに VGR が始まって、今は ENT ってゆーのをやってる超ロングヒットの海外ドラマなの、わかった?」
男: 「おまえ、けっこうオタクだったんだな、で、オマエ、それにハマってんの?」
女: 「うん、あたしは最初のヤツは観てなくて、TNG からなんだけど、これがもうよく作られたドラマでね、日本のドラマとは違って主役級のキャラクターが 5,6 人いて、それぞれに毎話スポットが当てられて、話しが進むごとに各キャラクターの性格や人となりが判ってきて、こういった状況ではこのキャラクターはこういった行動を起すんだろうな、って予想が出来るほどにまでキャラクターに感情移入できるようになる、とても素晴らしい SF ドラマなのよ」
男: 「へぇー、なんかそーゆームズカシーのダメっぽい、オレ頭わりーもん」
女: 「いっぺん観てみなって! あんたメカとかすきだったよねー? 宇宙船とか出てくるし科学考証がしっかりしてるんで、ハマると思うんだけどなー」
男; 「スターウォーズとどっちがおもしれー? 」
女: 「あっちは映画でこっちは TV ドラマよ、比べられないって!」
男: 「レーザーとかでバリバリ戦うほうがすきなんだよなー」
女: 「戦闘シーンもないことはないけど、基本的に人間ドラマだから」
男: 「なんだよそれ、やっぱ男は戦闘シーンだよ!」
女: 「戦闘シーンが目的なの?」
男: 「いや、あとは松嶋奈々子が出てるドラマが目的!」
女: 「なにそれ、松嶋奈々子が出てりゃあとはどーでもいいわけ?」
男: 「あたりまえじゃん、出てなかったらドラマなんて観ねーし、だいたい、ドラマなんてオンナが観るもんだつーの」
女: 「もうちょっとましなドラマ観たら? てゆーか、スタートレックいっしょに観よっ! ねっ!」
男: 「あ、思い出した、んなことよりも、オレこんど車を買い替えよーと思ってんだよ、どんなのがいいと思う?」
女:「・・・車しか興味ないのね」

あくまでも架空の女と架空の男との間の架空の会話。

189: ある男と女の会話

[掲示板] [ ]

189: ある男と女の会話 (2003.02.19)

男: 「ヒマだからビデオでも観ようかなっと・・・」
女: 「なに観るの?」
男: 「昨日さぁ、眠くてスタートレックを録画したんだけど、ソレを観ようと思ってさ」
女: 「なにソレ? スター・ウォーズなら知ってるけど?」
男: 「スタートレックだよ! スター・ウォーズなんかといっしょにすんなっ!!」
女: 「別にどっちでもいいけど、スターなんとかってゆーの、おもしろいの?」
男: 「スタートレックだよ! オマエ知らないのかよ! ただのドラマじゃないんだぞ!!」
女: 「えっ、そのスタートなんとかっていうの、ドラマなの? ひょっとして海外物?」
男: 「うんそう、基本は SF なんだけども、そこには深い人間ドラマがあって、一度観たら日本のドラマなんか観てらんなくなるくらい面白いんだよ」
女: 「えー SF って、レーザーコーセンとかでウチュウセンとかで、ウチュージンとかと戦うヤツでしょ? あたしそんなの好きくなーい、それに日本のドラマはぜんぜんおもしろいよー、キムタクでてるし」
男: 「いや、SF でレーザーみたいなモンとか宇宙船とかも出てきて、戦闘シーンもあるんだけど、基本は人と人の関わり合いで今の社会を風刺してたりする大人のドラマなんだよ」
女: 「なんかムズカシそー、やっぱあたしダメだわ、そのスタートリってヤツ」
男; 「スタートレックだっつーの! オマエわざとだろ? つーか、キムタクってなんだよ、キムタクでてりゃ内容はどーでもいいのかよ!」
女: 「あたりまえじゃん、そんなのキムタクのアップが映ればいいのよ! ドラマの内容なんてハッキリいってどーでもいいもん」
男: 「なんだよソレ、じゃードラマの内容で観てるんじゃないのかよ」
女: 「そーだよ、今週はどのシーンでキムタクのアップになったとかで、友達みんなで盛り上がるもん」
男: 「話題のドラマの視聴率の正体ってこんなもんなのかよ・・・」
女: 「しってるー? キムタクがでるドラマって、彼のアップシーンが少ないと TV 局に抗議の電話が殺到するんだってー」
男: 「かわいそうに・・・そんなにいいもんなのかねぇ」
女: 「キムタクいいよねー、スターなんとかにキムタクでてたら見るんだけど」
男: 「んなことあるわけねぇーだろ! いーからいっぺんスタートレック観てみろって、考えが変わるからよー」
女: 「ねぇねぇ、そんなことよりも、新しいヴィトンのバッグがほしーんだけど、買ってくれるぅ? ね、ね!?」
男: 「・・・バッグしか興味ねぇーのかよ」

あくまでも架空の男と架空の女との間の架空の会話。

[掲示板] [ ]

188: 明日は我が身 (2003.02.17)

鉄腕ダッシュ』 を観てたところ、隣の犬が尋常ではない吠え方をしていた。 これはもしや! と前回の例があるので、窓を開けると消防車のサイレンが聞こえてきて、さらに外を見回すと火事だ!! 向こうの方で火の粉を上げて燃えている。

前回書いた近所の火事の時も見には行かなかったくらいだ。 出て行くのが面倒なので、よっぽどの事がないと自分は野次馬にはならない。 ところが、ちょっと知り合いの家の方角だったので、気になって行ってみた。 幸いにも出火元はその知り合いの家ではなく、意外とウチからず〜っと先のほうの家だった。 夜の火事は近くに見える。

現場に行くと数台の消防車が消火活動をしていて、救急車やマスコミや警察まで来ていて、田んぼの中のその家の周りは人だかり。 周りは田んぼだらけの田舎なのに、近所にはこんなに人がいたのかと思うくらいだ。

結局は 「人の不幸は蜜の味」 に尽きる。 人の家が激しく燃えれば燃えるほど人が集まり、またなんとも言えない気分の昂揚を感じるのだ。 チロチロと燃えてたらこんなに人は集まらない。 一時、現場にはガスが漏れて警察が警戒線を張ったりなんかもした。 こういうイベントがあればあるほど人は集まる。 悲しいけどこれが人の “さが” というものだろう。

無線を聞いていると中年夫婦とお婆さんの 3 人暮らしというのが判り、夫婦は居場所が判ったもののお婆さんの所在が判らないという。 しばらくして娘さんが来てその場で泣き崩れる。 近くにいた者達はシーンとなって同情はするも、所詮は自分の身ではないので、心中はワイドショーで人の不幸を見て楽しんでる感覚と代わらない。 こういう時の人の目は残酷だ。

21 時前のニュースに早くもそのことが流れ、そのお婆さんは遺体で発見されたという。 翌日の新聞を見ると実は奥さんも亡くなっていて、結局 2 人が亡くなったとなっていた。 野次馬は家に帰って、いかに家が燃えていたか、娘さんのその場での状況などをニュースや新聞を見て興奮しながら家族に話したことだろう。 2,3 日の間くらいは近所の奥様連中の話しのネタになるけど、しばらくすると忘れ去られる。 いざ我が身のことにならないと、どんなもんなのか判らないものなのだ。

閑話休題。 スタートレックを観ていても背景の LCARS に気がいくのと同じ理由かどうか知らないけど、警察や消防や救急などの装備品のほうに目がいってしまう。 消防の指揮車の中のコンピュータ端末やパトカーの中の無線機、消防官や警察官が装備しているライトなんか詳細に観察したりする。 ちょっと前に消防無線や救急無線の傍受をしていたことがあり、コードや隠語を覚えたりしたくらいだ。 最近は無線もデジタルになってしまって聞けないけど。

VGR で登場する腕装着型ライト
VGR で登場する腕装着型ライト
TNG に登場した手に持つ箱型タイプのモノより実用的。
このライトは小隊長だけが装備してたので、一種のステータスなんだろうか。

同じようにせわしなく動き回っている消防隊員を観察していたら、小隊長が VGR で登場する腕につけるタイプのライトと同じモノを装備しているのが目に入った。 ホントにこういった製品があるのかと感心し、実際に現場で見てみて、やっぱりこのタイプのライトは便利で実用的だなと思う。

これは正式な支給品ではないハズなので、恐らく個人的に購入したものだと思われる。 他にもその性能が認められ世界中の軍・警察に正式採用されているマグライトや、一部のマニアで話題になっている LED 型のライトなどを各自装備していた。 消防官や警察官は、こういったものを自費で購入して使うことがあると聞いている。

いつも思うのだけど、こういったのを日本で正式に開発しようとは思わないんだろうか。 日本で売っているモノは、いかにも “懐中電灯” といった感じのデザインでとってもカッコ悪い。 こんなモンを自費で購入させるなんて、あんまりな感じもする。 これ以外でも、日本の支給の装備品はなんだか野暮ったい感が漂う。

こういった小物類の不得意さは太平洋戦争以来の日本の伝統なので、懐中電灯ごときに今さら工夫研究改良するなんて気はないのかもしれない。 現場で真に必要なモノは、上のほうでは中々分かってもらえないもの。 結局はこれも、我が身のことじゃない、ということに尽きるんだろう。

4: 火事場のスタートレック?!
防災・消防について - 我が居住区の消防

[掲示板] [ ]

187: 人のフリみて我がフリ直せ (2003.02.11)

DS9 を深夜に放送してくれている我が居住区のある TV 局、そこの掲示板。 DS9 の放送再開の要望の書き込みを見てからというものの、毎日の巡回コースに入っている。

東京のキー局のネット局がない地域ではどこもそうだと思うけど、あれを放送して欲しいとかこれを放送して欲しいという要望が掲示板に寄せられる。 その要望は必ずかなえられるとは限らず、何度書いても物理的に不可能ということもある。

ちょっと前から、あるアイドルグループのある番組が 1 時間の番組なのに短縮版(45分)しか放送しないことに対して、いろいろな書き込みがその TV 局の掲示板で続いている。 その前には別のアイドルグループの別の番組を放送しないことに対して。 さらに前には、あるアニメを放送しないことに対して。 放送しないのは TV 局の怠慢だと言わんばかりに。 そして、掲示板は荒れていく。

幸運なことに DS9 再開の時は数人が要望を書き込み、そのあとすぐに編成担当者から返答があり再開するという返事がもらえた。 これは要望があったから再開したのではなく、もとから再開される予定だったのが、たまたま視聴者の書き込みと重なっただけなのだろう。

そのアイドルグループのある番組に関しても、要望の書き込みがあったあとすぐに編成の人間から返答があった。 それは放送は出来ない・不可能との返答。 それにもかかわらずさらに食い下がる。 そして、最後には捨てゼリフを残して去っていく。

そのアイドルにも番組にも興味がない者にとっては、そのような書き込みがある掲示板を見ていて、あまりいい印象は受けない。 自分が観たいばっかりに、しつこいくらいに番組放送の要望を書いていくのは、見ていてなんなんだと思う。 そんなもんよりスタートレックを観れ!と自分の立場ではそう思う。

だけど、もしスタートレックが放送されない居住区のスタートレックファンだとしたらどうだろう。 自分がそのような居住区に住んでいて、放送して欲しいと繰り返し書き込みがあったら、「そうだ放送しろ!」と自分だって思うだろうし、また参戦するかもしれない。 いくらムリだと言われても、放送して欲しい思いは強くなる一方だろう。 そのような書き込みを不快に思っている人のことは、一瞬で忘れてしまうのだ。

自分が歩行者の時は 「この自転車野郎は・・・」 と思うし、自分が自転車だったら 「この車野郎は・・・」 となり、自分が車を運転する側になると 「この歩行者と自転車野郎は・・・」 と人はなりやすい。 そのとき相手に対し思っていたことは、自分がいざその立場になったときに忘れてしまがち。

掲示板でかの連中のような書き込みは、「この○○のファンは・・・」 という風にそれまで別になんとも思ってなかったものが、急にそのファン全体に対しての評価が下がってくる。 そして、書き込めば書き込むほど、反感を買うということに気付かない。

今もどこかの TV 局の掲示板で、スタートレックで同じような戦いが繰り広げられているかもしれない。 スタートレックファンがそのような戦いを繰り広げる場合、他の者からすれば 「アイドル○○○」 や 「アニメ○○○」 と同じように見えている。 そのことを認識して節度ある行いをしないといけないな、と改めて思った。

[掲示板] [ ]

186: ネットラジオ録音法 (2003.02.08)

以前、 「インターネットラジオを録音してコレクションしている」 という独り言を書いたので、 「インターネットラジオを録音する方法」 を探して検索エンジンからここへ来られることがたまにある。 そこで、一度そのように書いた自分も責任があるので、誰もこんなところは見ないとは思うけど、自分でも改めて確認するために、その方法をここに記しておく。

まず、最近の PC であればなにも特別なソフトウェアやハードウェアを用意する必要はない。 Windows 標準でついてくるサウンドレコーダーでも録音は出来るのだ。 最近のサウンドカードは全二重に対応している。 これは 「サウンドの再生」 と 「サウンドの録音」 が同時に出来るという証し。 Windows98 時代以降に発売された PC なら、たいていは全二重に対応しているはず。

ここで、なぜ録音が出来ないかというと、録音するデバイスが適切に選択されていないからだ。 確認方法は次の通り(Windows2000 での説明だけど、他の Windows も同じ)。 まず、タスクトレイにあるスピーカーのアイコンをダブルクリックして、ボリュームコントロールを開く。 次にメニューから [オプション] - [プロパティ] を選択し、“音量の調整” で “録音” を選択する。

録音コントロール
録音コントロール
ステレオミキサーを選択

すると、下の “表示するコントロール” というところの中が切り替わり、そこに “マイク” や “ライン入力” というのが出てくる。 その中に “ステレオミキサー” とか “レコードミキサー” というのにチェックしてなかったら、表示させるためにチェックして OK ボタンを押す。

さて、録音コントロール画面で、録音に使用するデバイスを決める選択のチェックはどこについているだろうか。 おそらく標準では “ライン入力”や “マイク” になっていると思われる。 もちろん、マイク入力やライン入力では PC でサウンドを再生させながらの録音は出来ない。

該当のデバイスがどれかを確認するには次の通り。 まず、ネットラジオでもなにか音楽でもいいので、サウンドプレイヤーで再生しておき、サウンドレコーダーを起動して録音してみる。 うちの 2 台の PC では、それぞれ “ステレオミキサー” と “レコードミキサー” というのを選択したらきちんと録音できるようになる。 ちなみに、この部分の名前はサウンドカードによって、またドライバーによっても違うので、もし判らなければ一つ一つ確認すればいいだけ。

もし、録音コントロール画面で全てのデバイスを試しても録音できない場合、残念ながらその PC のサウンドカードは全二重に対応していない。 どうしてもやりたかったら、、PC を 2 台使ってライン入力で録音するしかない。

サウンドレコーダーは最大 1 分間しか録音できなく機能もないに等しいので、長時間録音やタイマー録音が所用の際には http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/art/sound/index.html などで自分の一番使いやすいソフトウェアを探せばいいだろう。 また、録音が終わった後に PC の電源を自動で切りたい場合は、http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/util/restart/index.html で探す。 いずれの場合も、事前に録音レベルが適切か、タイマーや録音やシステムの終了が出来るかを確認し、本番にのぞむのがいいだろう。

今回は約束事の 「スタートレックに関する単語」 が一つも出てこない独り言になったけど、何度も何度も上のように説明しても、過去ログも読まずに同じような質問が某教えて掲示板で繰り返されるのを見てたら、今日ちょっとイラッ! ときたので、ここまで一気に書いてみた、というお話し。

155: ポケベルじゃないよ!
http://www.allnightnippon.com/ - オールナイトニッポン

# あるインターネットラジオ局(FM 系)で、スタートレックファンを集めて和気あいあいと語るという番組の出演者を募集している、というメールが最近きた。 おそらくスタートレック系サイトの管理人に送っているものと思われる。 でも、メール文面の掲示板でのアップはやめてほしいというので、これ以上詳しいことはここでも書けない。 これを守ってどこのサイトも載せていないと思われる。 人を集めるためだったら宣伝してもらえばいいのに、閉鎖的にするなど意味不明ではある。

[掲示板] [ ]

185: 独占入手! (2003.02.06)

「新世代のコンピュータ・システムを PC(パーソナルコンピュータ=パソコン) として発売する」 という業界からの有力な情報を得た我々は、早速、全世界に広がる強力な情報網とありとあらゆるコネとツテを駆使し、ハッタリや脅しスカシとカマシまで行使して、ついにその噂の PC を裏ルートで手に入れることに成功した。

この新世代の PC とは、日本のあるメーカーが作ったものであった。 やはり、世界の中での地位は低くとも中流意識は高いという日本人として、この分野では他に追随するものはないと勇気付けてくれるようである。 その PC を他誌に先駆けスクープとして徹底的にレポートする。

* 近未来的デザイン

まず、一番に目がいくのはなんといってもその本体だろう。 最近では低価格機と言えども、液晶モニターを標準装備とする素晴らしい時代になったが、このマシンも最近の時勢にならって薄型のモニターが付属している。 しかもタッチパネル搭載だそうである。

だがしかし、聞くところによると、これは普通のタッチパネル搭載型液晶モニターなどではないという。 確かに言われれば、ツヤのあるその表面に触れても一切曇ることがなく、また、指紋も残らないという警察の鑑識泣かせのそれは、ただのモニターでないことは間違いない。

その点が気になり開発元に問い合わせたところ、「それは言えない、どうせ理解できないだろ」 という広報担当からのキツイ返答があった。 我々にはこれ以上調べるすべがないので真相は藪の中だが、実際に市場に出回り多数の目に触れれば、いずれこの謎が解ける日が来ることだろう。 いずれにせよ、その進歩的なモニターと相まって、一昔前ならばこれが PC だとは夢にも思わない外観を呈していることは間違いない。

* 画期的なハードウェア

まずフロントパネルを開けてみよう。 すると、従来のような SCSI ケーブルや IDE ケーブルをはじめ電源ケーブルなどは一層され、何やら赤や青に光っている透明なケーブルがケース内を縦横無尽に走っている。 普段、我々が見慣れているような類の電線は完全に駆逐されているようだ。 これらは光ケーブルだと推測される。 新しい方式に勇猛果敢に挑戦するとは、メーカーのこのマシンにかける意気込みが伝わってくるようである。

次に基盤のほうをのぞいてみた。 すると予想通り、これも従来からあるようなメモリ・CPU・チップセット、拡張カードの位置の確認はおろか、なにがなんだかまったく判別できなかった。 中央に存在する蛍光アクリル版のようなモノがおそらくマザーボードだと思われるが、もはや我々の理解を超えていて、見ているとめまいを起こしそうだ。 だが、こういったメーカーの姿勢は評価したい。

CPU は 100W 電球と同じくらいの熱を発するので、それを冷却するための電動ファンを取り付けるのが常識である。 だがそれすらも見当たらない。 それどころが、ファンの類が一切存在しない。 これは動作するときに熱を発生しないのだろうか。 よほど冷却に自信があるようだ。

さらに基盤を見ていくと、出っ張った部分がまったくない。 ないないづくしのツンツルテンである。 まさになんだか判らないが、これは 21 世紀のコンピュータのあるべき姿だと言いたい。

* 人類未踏の記憶容量

次にデータ入出力の部分を見ていこう。 この入手した機種は IOC(Isolinear Optical Chip = アイソリニア・オプティカル・チップ) 搭載モデルといい、FD の代わりに IOC と呼ばれるメディアを読み書きできる装置がついている。 愛想リニアだかなんだかしらないが、このような独自規格のメディアは互換性から考えると嫌煙される傾向があり、ソ○ーがメモリースティックを出したときも 「ちっ、また独自規格なんて作りやがって!」 とか 「どれかに統一してくれよ! いったい、いくつリーダー/ライターを買わせるんだよ!」 など散々言われた。 しかし、○ニーがそれにも負けずしつこく宣伝し、しぶとく売りつづけた結果、今では一つの記憶メディアとして、それなりの地位を築いているのだ。 この IOC 搭載は、いつまでも過去の遺産を引きずって FDD を無くすになくせないでいる他社に、一石を投じることになるだろう。

※ なお、この IOC とは光学的にデータを読み書きできるものだそうで、MO と似た部分もありそうだが、実はもっと複雑で精密で大容量なのである。 しかし、これもまた詳細は不明である。 ここらへんはぜひ情報公開が望まれる。

最後にハードディスクの容量を確認しようとしたところ、それらしい装置が見つからない。 仕方ないのでメーカーに問い合わせたところ、「普段あなたが PC 上で行うような作業では実質無限大に近いよ」 という。 我が編集部内のある偏執的な編集部員は動画の編集もするのだが、数十 GB 、時には数百 GB ものファイルを扱っている。 おそらくこれ以上の容量はあるに違いない。

念のためにもう一度メーカーに聞いたところ、「そんな容量は球場に落としたゴマ粒以下だぜ!」 という。 だんだんと口調がカジュアルになってくるのが気にはなるが、このような比喩は大げさではないかとも思った。 なんにせよ尋常ではない記憶容量を持っていると推測する。

※ 言い忘れたが、一応、メーカー側からは 「総記憶容量 30 万 K クワド」 と聞いている。 最初は 30 万 KB = 300GB の間違いではないかと思ったが、問い詰めたところ何度確認してもクワドクワド言っていた。 これはコードネームかなにかだろうと思われるが、市場に出す場合には消費者が悩まないようにするのがメーカーの努めである。 販売店のほうでもこれでは困惑するであろう。 この部分はぜひ、バイト君でも判るようバイト表記に改められるよう希望するバイと。

* 人知を超えたソフトウェア

搭載 OS は WindowsXP である。 当たり前である。 今どき MS-DOS 3.3 など使っていてもしょうがない。 早速、電源を ON にして立ち上げようとしたら、衝撃的なことが起こった! なんと 1 秒もかからず WindowsXP は立ち上がったのだ!! いや、1 秒というのは適切な表現ではない。 電源 ON でまさに一瞬でデスクトップ画面が表示される。 このアドバンテージは大きい。 これだけでこの PC を選ぶ価値はありそうだ。 ついでにライセンス認証も 1 秒もかからず完了したということも書き添えておこう。

この異様に起動が早いことをメーカーに聞いてみた。 ありとあらゆるコネとツテを駆使し、ハッタリや脅かしやスカシなどを使い、裏ルートで手に入れた割にはメーカー頼みではあるが、気にするでない。 大人の事情というヤツである。

「あ〜それ、実はエミュレーションしてるんっすよ、ホントは OS なんてモン要らないんだけどね」 すっかりおなじみになったメーカーの担当者は言う。 最後の言葉が気になるうえに質問の答えにすらなってないが、鈍重な OS である WindowsXP をエミュレーションで動かしているなどとは、きっととてつもない演算装置を搭載しているのだろう。

実際、動作は非常にキビキビしすぎるくらいキビキビしており、いくつかのアプリケーションを起動して使ってみたが、なんの不満も感じられない。 というか、感じるヒマがない。 試しにベンチマークを走らせてみたところ、どの数値も指数表示になってしまい正確な比較が出来なかった。

このぐらいのパワーがあるとアプリケーションも一瞬で立ち上がる。 それどころが 「次はこのソフトを起動して・・・」 などと一人つぶやきながらやっていると、マウスカーソルがアイコンに到達する前に、すでにそのプログラムが起動しているような気がする。 音声認識ソフトでも起動しているのかと思ったが、そのような事実はなかった。 いや、きっと気のせいだろう。 きっと夢でも見ていたに違いない。

ちなみにタッチパネル搭載なので、画面上のアイコンを直接触ってプログラムを起動することも可能である。 このように画面上に直接触って何かアクションを起こすというのは、直感的で判りやすく意外と便利ではある。 バリアフリーの観点から、今後これが標準となるよう他社に働きかけていただきたい。

このキビキビ感は実際にこのマシンを使ったものにしか判らないだろう。 これで 「フォトショップ」 や 「オフィス」 などの重量級アプリケーションもなんなくこなしてくれそうだ。 実はいろいろ触っていたところ、突然画面が真っ暗になり、訳の判らない奇妙なデザインのユーザーインターフェイスが現れた。 さらに、マシンが何かしゃべりかけてきたような気さえする。 あわてて半泣き状態で戻るよう懇願したら、もとの Windows 画面に戻ったので事なきをえたが、アレはいったい何だったのだろう。 なにかこのマシンには底知れぬパワーを感じる。

* 互換性のあるハードウェア

ハードウェアの互換性はまったく問題なく、設定パラメーター内ですべて正常に作動しています。 ここらへんは新世代の PC を開発したメーカーの意地と言えるだろう。 もっとも、今どき互換性の怪しいハードウェアなどを作ろうものなら、日進月歩であるこの業界で勝ち抜いていくことなど到底不可能ではある。

それから、このマシンには今までのようなキーボードではなく、なにやら意味ありげな文字や数字が書いてあるタッチパネル状の装置が付属している。 しかも、どのボタンが何を表していて、なんの機能を果たすのか判らないことはなはだしい。 JIS 配列キーボードに慣れてしまった者にとっては、そのあまりの判りにくさは逆にすがすがしい。 ここらへんはメーカーに再考の余地があると思うが、タッチパネル好きの諸兄にはたまらない一品だと書き添えておきたい。

ただいま入った情報によりますと、これには LCARS という名称がついているそうだ。 さらにホントは WindowsXP のような OS も、マウス、そしてキーボードさえも要らないというフザケた情報も入ってきた。 もう、ますます何がなんだか判らなく発狂一歩手前だが、とにかく、時代を先取りしたようなこの鋭いネーミングは、まったく新しいコンセプトのもとに設計された PC としてふさわしく、今後、業界内で大きな波紋となることは間違いないだろう。 一日も早い市場への投入が望まれる。

スペック表

主力 CPU

不明(甚大)

メモリ

不明(膨大)

ハードディスク

不明(厖大)

グラフィック

不明(1 ナノセカンドにつき 575 兆の処理能力らしい)

表示装置

タッチパネル付き薄型モニタ


終刊 us キー編集部

[掲示板] [ ]

184: 宇宙暦風西暦表記 (2003.02.03)

スタートレック系のサイトを巡っていると、更新日付などに西暦の代わりとして、たとえば 10301.20 というように Stardate(宇宙暦)風なモノを採用しているところがある。

最初にこの Stardate を見たときは、03 年 01 月 20 日のことだな、と思ったけど、頭の 1 というのは判らなかった。 そこでネットで検索したら、どうやらこの一桁目の数字は西暦の下一桁を表しているらしい。

つまり、この stardate は CYYMM.DD となっていて、 C は世紀の最後の数字、YY は 西暦の下二桁、MM は 月、DD は日という形式なのである。 仕組みが判ればとっても簡単。

ということで、ゼフレム・コクレーンが人類初のワープ航行をした日は、16304.05 となる。 ついでに自分が普通免許を取得したのは 09208.03 で、親知らずを抜いたのが 10205.20 だったりする。 こう書くと、なんか宇宙的歴史風味をかもしだす。

本物の宇宙暦(TNG以降)は 41452.3 のような感じになっていて、あえて書いておくと、この場合、最初の数字 4 は 24 世紀の 4 を、2 番目の 1 は番組のシーズン(西暦 2364 年を 1)を、次に続く 3 桁目の数字はシーズンを 000 から 999 で区切り現在のだいたいの位置、最後の小数点以下は 1 日 24 時間を 10 等分(つまり 2.4 時間で 1 単位)して現在時刻を表している、と “一応” なっていた。 41452.3 とは 24 世紀の第 1 シーズン(2364 年)の真ん中くらいで 7 時 12 分だ。

ところが、その後、シリーズが続いて 24 世紀を表していたハズの先頭の数字がいつの間にか 5 になってしまい、最初にロッデンベリーが考案した規則性は崩壊した。 それでは 25 世紀ということになってしまう。 だいたい、“暦(こよみ)” となってるのに “時間” まで含めることにも無理がある。 物理では計算のときに単位が違うと怒られるのだ。 誰もこのことについて突っ込まないけど。

それに比べて、この西暦を宇宙暦風にもじった表記は、合理的で直感的で非常に実用的だと思う。 スクリプトで妙ちくりんな宇宙暦をわざわざ作る必要もないし、その宇宙暦をムリやり更新日付として採用しているサイトを訪れたとき 「で、結局ここは何年何月何日に更新したんだよ!」 とイラつかせることもない。 もしサイトの更新日を宇宙暦表記にするんだったら、ぜひコレでお願いしたい。 自分はこれからもやっぱり西暦でいきたい。 だって誰にでもひと目で判るもん。

143: 宇宙暦と西暦と和暦

[掲示板] [ ]

/ about this website.
Copyright © 2000-2005 Toshitin All Rights Reserved.